chief_moo の紹介

東京から峻厳なアルプスの山々に魅せられてここ飛騨高山に移住して来てもう35年、地道にコツコツ手仕事の革工房を主宰しております、すっかり飛騨人になりました。 工房ではオリジナルなものを標榜して鞄や革小物まで造り、又フルオーダーにも対応しております。 「真心込めて」と「少しでもお役に立てれば」の気持ちでをモットーに日々打ち込んで下ります。どうぞお気軽にご相談下さいませ。

何で今更こんな定番の財布をアピールするのか分らない、まぁ兎に角日本を意識しターゲットにしているのは間違いないがやっぱり今更感は否めない、アウトポケットにしてもこんなに無理をしなくても

パスケースやスマホなら充分普通のアウトポケットて゛収まるので必要ないのだと 思います。大体新味が全く無いのがコーチらしくない。

COACH RoundFastnerPorch ラウンドファスナー財布 言わずもがなの...

COACH RoundFastnerwallet
ラウンドファスナー財布 既視感満載!!

 

 

 

COACH ビジネスバッグ

リンク

久しく掲載されなかった新聞広告での新作が2月27日存在感溢れて掲載されました。
この春、就職お目出度うバージョン 「COACH HUDSON 5 BAG」と銘打って彩り3色でした。
特徴としてはマチが5cmと私が気付かず通り過ぎていた薄さと
ファスナー口トップとエンド部に細い楕円の切り込みがありました。
いずれも新味のある切り口で新鮮さが評価出来ると思います、さすがにコーチ
ならではのアプローチでビジネスバッグ市場に風穴を開けるのではないかと予感がする。20150227Coachmen,s1

Re.2014.11.27 Coach Tote For Men,s

再度up

余計な事をして保護中にしてしまったので(削除の方法が分からぬ為)もう一度やり直します。すみません

*

メンズに特化したコーチにしては珍しいパターンで新鮮なものです。

メンズに特化したコーチにしては珍しいパターンで新鮮なものです。

久し振りに新聞広告を見ました。
シボ革というのは気品があって風合いがとても良いので
個人的にとても好きな革素材で私も良く使う素材です。
今回のものはメンズ用のトートをショルダーストラップを
配したものにしています。
特にラフに見せているのですがもっと違う組み合わせが
あっても良いのにと思います。

*前に 一度ビィトンの広告がありましたが何を訴求しているのか
私には分からぬバゲージ類であった為コメントできませんでした。

例の一件から朝日新聞には広告をうつのをバッグ業界が控えて
いなけりゃいいがと危惧していますがその様な事が無いと
信じて次の新作発表・広告掲載を楽しみに待つ事にします。

保護中: 2014.11.27.COACH Mens ToteBag

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: news | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

GUCCI SOHO COLLECTION

盤石な構えでドッと押し出した感のあるGUCCI SOHO COLLECTION
様々な革を使って誘っているみたいです。
グッチにとっての普遍的なバッグの形を主張している様に感じます。
造り手は誰もが普遍性を求めて試行錯誤し日々苦闘するものです。
そうは言ってもあくなき創作者は又もがき苦しんで新しい発想で再度
提案してくるのだと思います、貪欲な技術者集団はことさらに…です。
豊富な革種と確かな技術…凄いなー…

GUCCI SOHO COLLECTION

GUCCI SOHO COLLECTION

genten 2way boston bag マトォーネ

最近つとに元気なのがこのGentenとaniary瞠目すべき勢いと情熱が伝わってくる様に思います。
これは新聞広告ならではの現象なのかは定かでは無いのだがどのブランドと比較しても圧倒的に新作発表の頻度が大きく違う点だ。小回りがきくと言う事もあるだろうがそれだけでは説明がつかぬ熱っぽさが圧倒的な存在感として伝わってくるし製品群の斬新さを含めこの両社のアピール競争に今後も目が離せません。

今回はgentenの作品です。
革部品に細工をしたパッチワーク風にした 2way boston bagマトォーネです。
革に対しての改革的発想なのか試行錯誤の結果なのか不明ですが今までの路線から一歩踏み出した感のある一連のシリーズだと思います。

*スキャナーが不調で遅くなってしまいました。

genten New

genten New

 

2014.08.21.aniary-Briefcase

過去を遡ってメンズ用を振り返ってみるとそれぞれ一時期を風靡した物と言えば先ず浮かぶのがフライトケース(パイロットケース)であったり
ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)のアタッシュケースとありますがそれなりに定着はしているのであろうが以降これといった強力なブリーフが出てこないのが現状だろうと思います、かぶせ付きの物は有り余る程どこにでもありで
飽き飽きしてしまいます、余程目の覚める様な金具が出てこない事には無理だと思います。
そこで注目したのがaniaryのブリーフケース、全体のフォルムは恐らく信念に基づいた形となっているのでしょうが相変わらず情熱的な試行錯誤が訴えかけてきます。
これだけ熱心にブリーフケースを追い求めてきてるaniaryに一世風靡の普遍的な「これぞっ」というものを制覇して戴きたいと願っています。
このブリーフケースもそれ迄へのプロセスに思えますがどうでしょうか…!!

aniary-Briefcase

aniary-Briefcase

aniary New tote

オリジナル性を前面に押し出して自社製の牛革に工夫を凝らしたアンティークレザーをFeatureして理念・理想を語り実践している姿勢は全面的に支持してます。
7色展開でサイズはW 57 × H 34 × D 16.5 価格が\48.600(税込) 比較的お手頃の設定となっておりとても好感が持てます。
「モノ造り」に必須なのは技術はもとより発想・創作力・を含め理念・理想・心意気を持たずして語るべからずだと再認識しました。

一度覗いてみてみたらどうですか
https://www.aniary.com/2014_2/01-02011/#slate.aniary_slate

COACH Utility Bag 2点

今年、2014年はおしなべてブランドバッグの勢いがすっかり陰を潜めてしまった様な趨勢の中で目に見えて勢いを維持しているのがCOACHが突出して元気だ。
毎日、新聞を見ながら何か失望めいた気分になってしまうのは他社ブランドが
相対的に勢いを失っている様に見えてしまうせいなのだろうか、今年も折り返し、後半戦にはいりましたので去年に様に「これでどうだ…!!」と言う様な広告を見せて戴きたいと切に願っています。
*コーチ2点 シンプルなものとアウトポケットを配した実用本位のバッグです。

Utility Bag 実用的を追求したテッパンバッグ

Utility Bag 実用的を追求したテッパンバッグ