CHRLES JORUDAN

2013.を通して一貫してこのテイストを前面に押し出しているのがよく見える。昨年2月に勢揃いした広告の中にあった一点でミラーを使った画像でした。

CHARLES JORDAN

2014もこれが一押し..!?

見る側・購入側としては新作でもと期待したいところなのでしょうが
これ以上触るとこはないよとのメッセージとも聞こえてきそうだ。
新作というものそう思う程ポンポンと出せるものではないとは思うが、
されど、このままで熟成中…完..でも有り得ぬ話だし…ね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です