提案型のオーダーの一例

長野県 の小椋様より定番のタバコケースを道具入れとして3年半利用していたがいたみが來ので何か方法がないかとのメールを戴き画像を送って貰い、又現物も送って戴いた上でタバコケースに道具入れに代用するには制作設計上無理があるとの結論で御諒解を得た上で道具入れをオーダー制作に至る経緯をご紹介します。一寸長くなりますが御容赦下さい。

小椋 様
何時も有り難う御座います。
御要望件諒解しました。
道具入れをオーダーしたのだとお考え下さいませ。
更にもう一点懸念している点を申しますが
ベルト通しの問題があります、現在のシガーケースは
単にタバコと100ライターを前提としておりますので
それほどの負荷がかからぬ物と考えて本胴にじかに
ベルト通しを採用しておりますがもしも改めて道具入れ
として造るに当たりベルト通しは別の革を部品として
強度に耐えられる様にしたいと思っています。

さて、お見積もりですが
¥8.500 と致します。

どうぞご一考下さいます様にお願い申し上げます。

                      鞄職人 村山
—– Original Message —–
From: “wood masa” <wood26jpmasa@yahoo.co.jp>
To: “chiefmoo_soleil” <moo@soleil.ocn.ne.jp>
Sent: Wednesday, December 04, 2013 7:44 PM
Subject: Re: シガーケースの件

>
> 村山様
> いろいろご無理言いまして申し訳ございません。
> オーダーメイドでお願い致します。
>
> 肥後の守の部分を丈夫にしてもらう。
> ペンのお部分を始めから穴を開けてもらう。
> かぶせベロ少し長めにしてもらう。
>
> 一度これでお見積もりしていただけないでしょうか?
>
> 金額があえば、現物を送って見ていただきたいと思っております。
>
>
> — On Wed, 2013/12/4, chiefmoo_soleil <moo@soleil.ocn.ne.jp> wrote:
>
>> 小椋 様
>> 画像有り難う御座いました。
>> 整理してじっくり検討してみました結果シガーケースで
>> この使い方には到底無理があります。
>> 問題点を3点申し上げます。
>> (1)肥後守の底が破損する点、解決法 マチの造り方は根本的に
>>   変更し耐えられる様なマチにしなければ駄目。
>> (2)ペン差し2本マチ下部貫通させてる点 解決法 逆の発想でペンは
>>   外側に付ける工夫をしてみる又は作る時点で開けておく。
>> (3)差し込みカブセベロが抜けてしまいそうな点
>>   解決法 もっと長目に裁断するとか全く別の方法、例えばホック留め等
>>   で安心感と堅牢性を保持する。
>>
>> 以上、3点を改善するにはシガーケースのイメージから離れなければ
>> なりませんのでオーダーメイドにして下さい。
>> 従来のシガーケースは制作をストップしましたのでご要望が御座いましたら
>> お知らせ下さい。
>>                                  鞄職人 村山

クリックして画像を拡大して下さい。

道具入れ

オーダーも様々

 

Ace EVL-2.5k 発表

2014.2.22. 朝日新聞広告より
昨日話していた事が現実になった。
日本メーカーの一方の雄、ACEが今朝の朝刊にビジネスマン諸君お任せを….とばかりにアイテムを網羅して発表広告を出しました。流石に日本初機能面には緻密に考慮された創意工夫が見て取れます、新発想のアウトポケットの形状にイメージ力と決断が垣間見えて気持ちが良いです。各所に工夫とアイディアを凝らす日本メーカーならではのEVL-2.5kの率直な感想でした。

2014.2.22.ACE business bag

victoinox Men,s business bag

2014/02/21 朝日新聞広告より
もともとの広告自体が暗くて分かりづらい画像ですので詳細部分が不鮮明ですがそのフォルムから大体のところは分かると思いますがますが素材が分かりません。
何度も言っている事ですがメンズビジネスバッグの壁はなかなか乗り越える事の出来ない厚く高いものですので各社共ビジネスバッグでの試行錯誤はまだまだ続くのだろうと思っています、個人的にもどこが日本のビジネスマンの心を掴むのかと興味津々でいます、もしかして日本のメーカーが一番早かったりして…さて…!!

2014.02.21.victorinox business bag

CHRLES JORUDAN 新テイスト

2014.02.15. 朝日新聞広告より

あっ…C.J.が革バッグ…!! いやナイロンかも…!! 画像では判別不能ですが一寸驚きました。今まですっかり先入観がありまさかソフトテイストのバッグを出すとは思わなかったので意表を突かれました。 もしも革であるなら「ラム」か「カーフ」デザインも風合いも昔のロエベ又はランセルのテイストに似ていなくもない、しかしいずれにしてもフランスのブランドメーカーは婦人物では何から何まで取り揃えてこれでもかとカテゴリーを広げる戦略なのでこれも「あり」とも思う、何にしてもいろいろ提案して戴くのは大歓迎だと思いましょう。C.J.は靴のメーカーから現在に至りました。 

2014.2.15.CHALES JOURDAN

                   

 

CHRLES JORUDAN

2013.を通して一貫してこのテイストを前面に押し出しているのがよく見える。昨年2月に勢揃いした広告の中にあった一点でミラーを使った画像でした。

CHARLES JORDAN

2014もこれが一押し..!?

見る側・購入側としては新作でもと期待したいところなのでしょうが
これ以上触るとこはないよとのメッセージとも聞こえてきそうだ。
新作というものそう思う程ポンポンと出せるものではないとは思うが、
されど、このままで熟成中…完..でも有り得ぬ話だし…ね